仙台名物 牛タン焼の歴史

 仙台名物の牛たん焼は、仙台が発祥の地とされ、

仙台名物として有名で、現在仙台市内には70店以上もの専門店があ

るといわれています。 最初の仙台名物牛たん焼

「太助」の初代佐野啓四郎が昭和23年に仙台の中心部に牛たん焼の

専門店を開いたのが始まりであり、全国に広まったといわれていま

す。 佐野が東京で料理修行をしていた20代の昭和10年頃、フラ

ンス人シェフのいる洋食屋でタンシチュー口にした時生れてはじめて

牛たんの味をかみ締めました。 しかし、和食の料理人として修行中

の佐野はこのままでは日本人の口には合わないと感じ、いろいろと試

行錯誤を重ねました。その結果行き着いたのが今の仙台名物

牛たん焼
だったのです。 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。